今日は完全撮って出しジェイペグ。

まぁふだんもジェイペグからの上書きでほーーーーんの少しハイライトのピークと陰影を目で見たものに近づける努力をしているだけですが。原理的には写真機の描写能力なんて絶対に目と脳にはかなわないですから。

だがまぁしかしこのDIGIC6とこのレンズ。めんどくさいときはそれも必要ないくらいのレベルで絵がでてくるよ。上記の調整をする時に完全に納得したいが為に保険的にアンダーめで撮るクセが長年ついてて、今日のも若干そうなんですが、なんかそういうプロセスもこのカメラならば要らない場面は多いですね。













コメント