400万画素スナップ。

スナップというか、デイリー。

や、もう3年やってますから、ほんとは言葉の使い分けとかはどうでもいいですけどね。まぁでもスナップというよりはほんの少し、行為としての優位性は高く置いてます。僕がデイリーと言うときは。だってほんとに毎日やってきたんですから。



ええと、今日は、canon powershot S45というカメラ。

もう一年近く使って、その上で、僕の写真行為の柱である、『コンパクトデジタル』という概念の上では大変に溺愛しまくっている、canon powershot S50という2003年製の500万画素機種があるのですが、それの一世代前のモデルで、ccdが400万画素のモデル。
ややこしい言い回しになってしまいますがw実はこのS45のCCDを400万画素から500万画素にブラッシュアップしただけ、それ以外は外装もエンジンも全部おんなじ!!!というのがS50。

だから、つまり、その・・・、

まぁとにかくこの機種は僕は使ってみなくちゃアカンやろ!とは前々から感じていたわけ。

別に低画素マニアでも画素ピッチ教の信奉者でもなんでもないんですが・・・・、


全ては、自分の、言葉になど出来ない実感の中からですよ。

このカメラ、使ってみたぁぁぁぁぁぁい!!!!っていう。興味です。















コメント