ほんじつの凡作。

丸々3年間、全てを投げ打ってクソ真剣にこの趣味に心を預けてみました。
そこから見えた答え。

自分なりの、答え。


とにかく、日々を撮ろうと。


ただそんだけなんです。


アウトプットよりも先ず『撮る』という行為。

そこが純化してないと、結局消えて無くなってしまうんじゃないかな?



大事な気持ちが。


そしたら当然、撮った結果とかそんなものは。なくなるとかなくならないとかの前に、先ず存在してる意味が無い。ですよね。



アップロードという価値観とは、上手に付き合っていかなくてはなりません。
言い換えれば、見せるという行為とは、ってこと。

焼くとか、プリントするとか、展示だとか。

結局は言葉を変えただけで、誤魔化してるだけだと、そんな気もするので。



んでも、ひとつ、その付き合い方の指標となる本質は、自分の経験の中から出来上がってきたので。

今はすごく余裕があるというか。怖いものはないです。


もともとが、そんな大それたもんじゃあ、ないんです。

僕は、傑作なんか撮りたいとおもわないよ。


写真とは、

凡作であるべきなんです。


そもそもが、相容れる筈が、ないんですよ。

写真て。

他人様(ひとさま)に、見せる、なんていうこととは。



写真て、そんなものじゃあ、ないよ。絶対に。



見せたい


なんて、そんなもの。



先ず、撮る事が先でしょう。














コメント