写真と情報量。

今ってほんとに写真を撮っている方が多い。そんな中で。

多くの、僕があまり関心しないタイプの写真に、情報量の多さをその写真の魅力の多さだと履き違えていらっしゃるんじゃないのか?と思うパターンの写真というのがある。


僕の住んでいる街やそこを行き交う人々は多くの場面において決してそのままではフォトジェニックではないと思います。


でもそこからひねり出すもの。


そういうプロセスを自然に身に着けざるを得ないこの街が僕は好きだったりします。








コメント