35mmは恋のシュミレーター。

最近はそういう位置づけです。わたくしの所蔵カメラ&レンズ内で唯一のズーム機構を備えた、LC5は。
電源オンで自動的に換算35mmになるこのカメラ、ほぼ9割、ズームを入れる事なく使用しています。

何故って答えは簡単。いい写真を撮りたいから。

それに尽きるんですが。言い換えるなら、

うまくなりたいから?
それは、なんかフィーリングが違うかなー。

なんか、目とカメラの同期ですよねー。

最低限の準備作業というか。最も自然な視界に近い印象を与えられる、標準画角の単焦点に慣れることなんて。

カメラや写真を好きになれるかどうか?の最低限の条件であると思います。標準画角付近の単焦点で写真を撮る行為に恋心を抱けるかどうか、というのは。

それが出来たら、たぶん。写るんだとおもうんですよね。

ヨロズの万物への恋心が。

寫眞に。




コメント

人気の投稿